コーチングスタッフ

ピーター・スミス Peter Smith

豪州が生んだ最後の世界ナンバー1、レイトン・ヒューイットら多くのトッププロを指導してきた彼は、レベルに関わらず、誰に対しても真剣に指導し、生徒を上達させることを生き甲斐とする真の指導者。コーチとしてときに非常に厳しくありながら、生徒たちから絶大な信頼を得ているピーターのもとには、今も元教え子が、忠言を求めて舞い戻ってくる。フェデラーのジュニア時代の指導者ピーター・カーター、新進気鋭のアレックス・デミノーの指導に携わったヒューイットなど、彼の教えを受けてきた選手の中には、プレーヤーとしてだけでなく、指導者としても突出した人物が多く輩出されている。彼の『教えること』への情熱は、アカデミーの全コーチたちの礎ともなっている。

ルーク・スミス Luke Smith

ピーターの次男である彼は、レベルに関わらず、それぞれの選手の個性を生かしつつ成長させるという父のコーチング概念を受け継ぐ、同アカデミーのヘッド・コーチ。米・ネバダ大学時代には、権威ある大学リーグNCAA のシングルス、ダブルスで優勝を遂げた。大学卒業後はグランドスラム・レベルの大会に出場するツアー・プロとしての活動を始め、98年にはヒューイットと組んだダブルスでオーストラリアン・オープン3回戦に進出。しかしその後、故障のため早めの引退を強いられ、指導者の道を選んだ。ジュニア時代の伊藤雄哉の指導者でもある彼は、現在アデレードの多くのトップジュニア、プロを目指す若手選手の指導に従事している。

大谷 敦 (オオガイ アツシ)

インターハイ、国体などに出場した選手時代、ダンロップスポーツ勤務を経て、コーチとなり、1991年にオーストラリアに移住。以来一貫して選手の育成と日本からのテニス留学する選手のサポートを行う。

2001年よりピーター・スミスと共に働き始め日本からもテニス留学生が安心して留学ができ、効率的に成長できるプログラムをスタートする。

テニスコーチとしてもトップジュニアやプロ選手の指導や遠征同行などの実績があり、ピーター・スミスの理論を熟知している。オーストラリアのテニス事情を最も知っている日本人コーチの一人。

 

 

ジョー・スカルジ Joel Scalzi

シニアコーチ。元オーストラリア18歳以下トップ10プレーヤー。全米大学リーグでは、ディビジョン1のトロイ大学でプレーした。人気のテレビ番組「ビッグ・ブラザー」に出場し、7年間プロのラジオパーソナリティーを務めた彼は、オーストラリアではちょっとした有名人でもある。

あきこ Akiko

日本体育大学卒業。選手時代はインターハイ、インカレに出場。2005年からアデレード在住し、同アカデミーでアシスタント・コーチを務める。きめこまやかなコーチングがモットー