お別れ

image image

病気療養のため入院されていたAccess Japanの渡辺薫さんが11月14日の深夜(11月15日)にアデレードの病院にて永眠されました。ピーター・スミステニスアカデミーの現地校に通学する子供たちのお世話役として、日本人の受け入れを開始した当初より、10年以上に渡りお手伝いを頂きました。学校生活やステイ先のケアをはじめ、親元を離れ不安な子供たちのお姉さんお母さん役として時には厳しく本音で接してくれる頼れる方でした。今の留学生はもとより社会に出て活躍している元留学生のみなさんも明るく・強く・やさしい薫さんの記憶は今でも残っている事と思います。毎年ハイスクールを卒業するテニス留学生の卒業式に行って、留学当初は幼く不安を抱えていた生徒達が心身ともに逞しくなって卒業して行くのを見るのを一緒に見るのを楽しみにしていました。ご主人のマットと日本から来られていたお母様のみなえさんとお会いしてきました。亡くなる日は穏やかで笑顔も多かったとのことでした。みなえさんは8月にアデレードに来られてから一日も休まず病院に通ったそうです。毎年長期でアデレードに来られていたのでテニス留学生とも顔見知りが多く、みんながどれほど薫さんを慕っていたか、また今回の事で沢山の暖かいメッセージを頂いている事をお伝えしました。“テニス留学生の方達に、毎日元気に一日一日を一生懸命生きて行ってくださいと伝えてください”との事でした。薫さんいままでありがとうございました。これからも我々を見守ってくださいね!

一樹君&WTC

アデレードはだいぶ夏らしくなって来て20度前後の快晴の日が続いています。大学時代に何度もアカデミーにテニス留学に来ていた一樹君が3週間程アデレードを訪れていましたが先日帰国しました。大学卒業後は会計士を目指し勉強していましたが1次試験に合格し2次試験を終えた後懐かしいアデレードやコーチ達、こちらで知り合った友達に会いに来ました。大好きなテニスも勉強の合間を縫ってやっていたようでとても良いボールを打っていました。また日本やアデレードで会いたいですね。2次試験の合格を祈っています。

1月の全豪オープンの直前にアカデミーのあるメモリアルドライブでWTC(ワールドテニスチャレンジ)が行われますが、ベルディヒ、ブライアン兄弟、キリオス、イバニセビッチの出場が発表されました。また日本のWOWOWでもイベントを放映するそうです。私は年末から日本へ一時帰国しますが、このイベントの前から行われるジュニアトーナメントやAMTトーナメントへ参加するツアーが組まれていたりで1月5日にはアデレードに戻ってきます。この時期はアカデミーのサマープログラムに参加する留学生や全豪ツアーも組まれ忙しくなりますがとても楽しい時期です。この時期のテニス留学や日本の春休みを利用したテニス留学を考えている方は問い合わせて頂けたらと思います。日本では個別の留学相談会も行います。image image image image image image image image

水曜日

image フルタイムでトレーニング中の陸は、午前はボリス、パトリック、マイケルと4人で練習しました。レベルの高い3人に混じって必死について行っている感じですが順応できていました。そして楽しそう。。image パトリックはもともとアデレードの出身ですが、親の仕事の関係でゴールドコーストに2年程行っていましたが、ハイスクールを卒業しアデレードに戻ってきました。image マイケル、陸がボリス、パトリックとボレー対ストロークのポイントをしている所。image 手前の芝は明日のコンペに向け休ませる日でした。奥のコートではピーターがミッシェルを教えていました。image 水曜のアフタースクールのレッスンはピーターとトッドコーチが受け持ちます。毎回テーマを持ってテニスを教えます。image image image かずき&ジョセフimage 日本人留学生からジョコビッチに似ていると言われているジャック(高校2年生、、year11)image 同じマリアットビルハイスクールのこうだい&リアンimage 5年振りにアデレードを訪れている、もう一人の一樹。。image 岡本兄弟ペア。image 1週間後にはマリアットビルハイスクール代表で全国大会に行くこうだい&きいち。image 2対1の1でプレーしているかずき。ネットにいる2人に対しトップスピンで足下に沈めたり、ロブを使ったり多彩なショットで相手を崩すのが目的の練習。image 一樹の相手をしているジョセフとジャック。左足がいまいちだね。。image グループレッスンの最後にコートスプリント。西日に向って。。image