伊藤雄哉、テキサス大学がNCAA全米チャンピオンに!!おめでとう!!

 

 

2週間アメリカに行っていましたが日曜にアデレードに戻ってきました。

今回のアメリカに行ったのはアメリカのカレッジ視察、アデレードからはテニススカラシップでアメリカの大学でプレーする選手が多いのですが久しぶりに会って様子などを聞いてきました。そして雄哉がNCAA Championship でプレーするのを応援するのもメインの目的の一つでした。

雄哉が最初にアデレードに来たのは小学生の時で親の仕事の関係でアデレードに1年間住み私の子供達と同じ小学校に通い、ピーターのプライベートレッスンを受けたりしていました。日本に帰国してからも定期的にアカデミーを訪れテニスを磨き、14歳からは長期でアデレードに来て高校卒業までアデレードで学業、テニスを磨きました。

全米大学テニスで最も権威のあるNCAA Division 1 Championship でベスト8まで進出したテキサス大学はフロリダで行われたこの大会で前年優勝のWake Forest を破り優勝、雄哉は最優秀賞選手賞に輝きました!大会を通してシングルス、ダブルスのも全勝して決勝でもチームの勝利を決めるポイントを雄哉が決めました!チームでの優勝や最優秀選手賞は日本人としてははじめての快挙です!!

NCAA のシングルス、ダブルスのチャンピオンだったルーク・スミスからテニスを学んだ雄哉がNCAA のチャンピオンに、、素晴らしいストーリーでもありますね😀 今週は個人戦も始まります。シングルスに出るのでこちらでも優勝を目指して頑張って欲しいと思います。